日本発のE-bike専門店

Close

おすすめ

日本製の電動自転車 |通勤と週末の相棒に

  • 2024.03.22
日本製の電動自転車 |通勤と週末の相棒に

現代の都心生活において、通勤や週末のレジャーに最適な移動手段として電動自転車の需要が高まっています。特に、「日本製」にこだわる理由は、その信頼性技術の高さにあります。

この記事では、品質に敏感な都市部のビジネスマンやアウトドア愛好者に向けて、日本製電動自転車の選び方や海外製モデルとの違い、そしてビジネスマンにどのように利点があるのか?について深掘りします。電動自転車に関する悩みや疑問を解決し、あなたのライフスタイルに寄り添う一台を見つけるためのヒントをご提供します。

日本製電動自転車の選び方【表を参考に比較検討】

日本製電動自転車を選ぶ際には、パフォーマンス耐久性が重要なポイントです。

長時間の使用に耐えうるバッテリー寿命坂道でも力強いアシスト機能、そして日本の四季や多様な気候条件に適応できる耐久性を持ったモデルを選びましょう。

以下の表を参考に自分にライフスタイルに合った特徴をもつ電動自転車を選ぶことをオススメします。

バッテリー容量 (Ah)走行距離の目安対象となる使用シーン
5Ah~9Ah約20km~45km短距離通勤・近隣の移動に適している
10Ah約40km~60km一般的な通勤・日常使いに適している
11Ah~15Ah約60km~90km長距離通勤やレジャーに適している
16Ah以上90km以上長距離レジャーや商用に適している

アシスト機能の段階数特徴
1段階~3段階シンプルな操作性を提供し、基本的なアシストニーズに対応。
4段階~6段階多くのユーザーにとってバランスが取れた選択肢。状況に応じた細やかな調整が可能。
7段階以上高度なカスタマイズが可能で、特定のニーズや好みに合わせた細かい調整ができる。

バッテリー寿命の目安説明
1年~2年非常に頻繁に使用している場合、または保管・管理条件が良くない場合に見られる寿命の短さです。
3年~5年**標準的な使用頻度と適切な保管・管理条件下での平均的なバッテリー寿命です。**大半のユーザーがこの範囲内でバッテリー交換を検討します。
5年以上保管状態が良好で、使用頻度が比較的低い、または非常に丁寧に使用・管理されている場合に見られる長寿命です。

デザイン機能性も見逃せません。都市部では見た目の洗練さも重要視されますし、折り畳み式や軽量設計など、使い勝手に影響する機能にも注目してください。

最後に、アフターサービスと保証も確認することが大切です。
長期間安心して使えるように、メーカーの保証期間や修理体制をチェックしましょう。

【日本製の電動自転車・海外製の電動自転車】を比較|利点の違いとは?

比較項目日本製電動自転車海外製電動自転車
道路交通法における基準厳格な安全基準と規制に準拠日本の基準に合致していない場合がある
アフターサービス全国に広がる正規ディーラー網による充実したサポート日本国内でのサポート体制が不足している場合が多い
部品の入手性高い可用性。正規ディーラーまたはメーカーから容易に入手可能部品の入手が困難、または時間がかかる場合がある
バッテリーの規制と輸送厳格な安全規制に準拠。国内輸送が容易輸入時の規制が厳しく、輸送コストが高くなる可能性
  1. 道路交通法における基準
    • 日本製の電動自転車は、日本の道路交通法に厳格に準拠しています。これにより、安全性が高く、法律上の問題に直面するリスクが低くなります。一方で、海外製の電動自転車は、日本の基準と異なる仕様で製造されているため、使用に際して改造が必要になる場合があります。
  2. アフターサービス
    • 日本製電動自転車のメーカーは、国内に広範なサービスネットワークを持っています。これにより、修理や定期的なメンテナンスが容易になります。対照的に、海外製のモデルは日本国内でのアフターサービス体制が未発達であることが多く、サービスを受けるのが難しい場合があります。
  3. 部品の入手性
    • 日本製電動自転車の部品は、広範なディーラーネットワークやメーカーから容易に入手可能です。これは、修理やメンテナンスを迅速に行う上で大きな利点です。海外製の場合、特定の部品を入手するためには輸入が必要になることがあり、コストや時間がかかることがデメリットとなります。
  4. バッテリーの規制と輸送
    • 日本では、電動自転車のバッテリーに関する厳格な規制があります。これは使用者の安全を守るためであり、日本製の電動自転車はこれらの規制に準拠しています。海外製の電動自転車のバッテリーは、日本への輸入時にこれらの規制に適合しているか確認が必要になります。このプロセスは複雑で、場合によっては輸送コストが高くつくことがあります。また、バッテリーの安全性が日本の基準に適合していない場合、使用が制限される可能性もあります。

この比較から明らかなように、日本製電動自転車は国内での使用において多くの利点があります。日本の法律や基準に準拠しているため、安全に使用できるだけでなく、アフターサービスや部品の入手性も優れています。これらの点は、電動自転車の購入を検討する際に重要な要素となります。

一方で、海外製の電動自転車を選ぶ場合には、これらの課題を考慮に入れ、特にアフターサービスや部品の入手性、バッテリーの規制への適合性について事前に調査することが重要です。安全性利便性最優先に考える場合、日本製の電動自転車が適していると言えるでしょう。

日本製の電動自転車を相棒にすることがビジネスマン・経営者にとってどういう利点があるのか?

電動自転車は、ビジネスマンや経営者にとって、通勤やビジネスユースにおける優れたモビリティソリューションです。車や公共交通機関では避けられない渋滞や待ち時間を電動自転車で解消し、効率的に一日を始めることができます。

また、ビジネスシーンでの移動手段として電動自転車を選ぶことは、エコ意識の高い行動としても評価され、パーソナルブランディングにも寄与します。

加えて、電動自転車はビジネスのネットワーキングやプライベートでの利用にも適しています。

例えば、近距離のビジネスミーティングへの移動や、週末のリフレッシュとしてのサイクリングなど、様々なシーンで活躍します。こうした多面的な利用価値は、都市部に住むビジネスマンや経営者にとって、日本製電動自転車を選ぶ大きな理由の一つです。

電動自転車を買うなら日本製にこだわるべき理由

日本製電動自転車にこだわるべき理由は、単に「メイド・イン・ジャパン」というブランドにあるのではありません。

高品質な材料と精密な製造技術に支えられた製品は、長期間にわたってその性能を維持します。
これは、ビジネスのみならず日常生活においても、大きな安心感を提供してくれます。

また、安全性への徹底した配慮は、忙しい日々を送るビジネスマンや経営者にとって重要な要素です。

さらに、日本製電動自転車の開発における継続的なイノベーションは、使用者のニーズに応える新しい機能やサービスを生み出し続けています。これらの点が、日本製電動自転車を選ぶ大きな理由となっています。

電動自転車|次世代の日本製ブランド『MOVE』をご紹介

【Moveの特徴】

・日本製なので日本法規制にも対応

・お届け後1年間の長期保証+専用コンシェルジュが購入後も相談対応

・消耗品/交換パーツの迅速提供(2週間~1か月でお届け)

・バッテリーの寿命は通勤や日常使いに適した10Ahだが、最高80kmも一回の充電で走れる

・5段階アシスト機能で走行を快適に

その他、賠償保険・盗難保険を1年間無料などバイクを愛する方をサポートするサービスを展開しています。

MOVE.eBike – MOVE X

マットブラックの洗練されたデザインがおしゃれで都会の風景にも自然の背景にも映える、
それがMOVE Xの特徴です。

日々の通勤から週末のアウトドアまで、あなたのライフスタイルをおしゃれに彩る新しいパートナーになるでしょう。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-x

MOVE.eBike – MOVE XS

MOVE X のおしゃれさと機能を受け継ぎつつ、さらに軽やかな乗り心地をもたらしてくれるコンパクトなモデルです。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-xs

MOVE.eBike – MOVE S

MOVE Sは、スリムなタイヤを採用し、身軽な設計。低身長の女性にぴったりなモデルです。細やかに計算されたデザインと機能性が融合したMOVE Sは、日常の移動をもっと身近で快適なものにします。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-s

日本発のE-bike専門店オウンドメディア|MOVE

問い合わせ先

会社名:MOVE株式会社
代表者:代表取締役 冨田 大揮
所在地:〒131-0033 東京都墨田区向島2-22-6ダイアパレス隅田公園103

商品の最新情報は公式サイト、公式Instagram、 公式LINEでも発信しています。