日本発のE-bike専門店

Close

おすすめ

太いタイヤの電動自転車を検討中の方へ。驚くべき性能について紹介

  • 2024.03.22
太いタイヤの電動自転車を検討中の方へ。驚くべき性能について紹介

電動自転車のタイヤは、性能を左右する最重要部品の1つだと思いませんか。
タイヤの太さは路面接地力から減衰性能、そして安全性に直結します。

太タイヤがどのように性能アップにつながるのか、違いは何か。路面との強固なグリップ感からスムーズな加減速まで、驚くほどメリットはあります。

そこで今回は、太いタイヤの実測データとユーザー評価を基に、その着実な性能向上を徹底分析したいと思います。この記事で電動自転車選びで役立つ情報が得られるはずです。

加えて、電動自転車の太いタイヤのデメリットも紹介しますので、比較した上で検討してみてください。

電動自転車の太いタイヤで地面への強固なグリップ力を実感できる

2.4インチタイヤなら、約190cm2の面積で地面と接地します。これは2.0インチ対して15%大きいのです。接触面積が広い分、タイヤと路面との「密着度」が強固になります。

その結果、直進安定性やコーナリング時のグリップ感がアップ。
道路状況に左右されにくくなり、安心して利用できるでしょう。

実際に試用した人からは
「カーブを激しく切れる」「車体の浮きが少ない」と高評価の声が上がっています。

太いタイヤの電動自転車がもたらすスムーズな加減速動作と乗り心地の向上

2.4インチタイヤは、路面の小さな凹凸をしっかりと接収します。つまり、緩衝効果があります。
例えば舗装路面なら、ざらざらした部分の衝撃が和らぎ走り心地が良くなります。

加速時の車体の揺れも2.0インチ対して40%軽減されると試算されています。
路面からの入力を柔らかく吸収してくれるため、快適な乗り心地を実現できるのです。

電動自転車のタイヤが太いなら安全性も向上。緊急時の停止力に恩恵

2.4インチタイヤなら、路面との密着力が2.0インチ対して約15%増強されます。これにより、ブレーキ時の最大摩擦力も上がります。実測では、同じ条件で2.4インチタイヤの電動自転車のほうが0.5秒短い7.0mで停止していたそうです。

都市部の混雑区間では重要な性能差になるでしょう。
加減速の動作がスムーズで、非常ブレーキ時の安全域も広がります。

最新電動自転車なぜ太いタイヤを標準装備にしているのか?

2.4インチタイヤを標準装備化する理由実用性信頼性向上にあると考えられています。性能面では上記のとおり緩衝効果やグリップ性能がアップしますが、それ以上に大切なのが安全性の向上だと思われます。

事故データを分析すると、細タイヤ機では路面情報伝達性や衝撃吸収性能不足が原因の事故が多発しています。

一方、太タイヤ機では事故率が半減していたとの報告も。当社はこうしたデータから、ユーザー保護の観点から太いタイヤを推奨化しています。

電動自転車の太いタイヤは舗装路面を楽に走破できる秘密

特にコンクリート舗装路では、細い凹凸が多々あります。
2.0インチタイヤだとこれらの入力から衝撃や振動が直接伝わりますが、2.4インチなら異なります。

その理由はタイヤのボリューム効果です。

太いタイヤゆえに、表面の凹凸を緩やかに飲み込めるからです。結果として振動が軽減されるだけでなく、力点をずらさずに走れるため、疲労も軽減されやすいのです。舗装路での快適走破が実現します!

電動自転車の太いタイヤ、その裏に隠れた欠点

これまで主に電動自転車の太いタイヤのメリットについて魅力を伝えてきました。

しかし、メリットばかりではないのも事実です。例えば、このような欠点もあります。

  • 価格が細タイヤより高くなります。ただし性能向上分を考慮すれば価値がある
  • 重量が重くなるため、登坂性能が若干低下します。ただし実用レベルで問題ない
  • 急激な方向転換などでは、重量ゆえハンドリング感が鈍くなる可能性がある
  • タイヤの付け替え作業が大変で、コストが掛かります。また細タイヤよりストック管理が大変
  • 細タイヤ機との互換性が低く、細タイヤタイヤに交換できないケースがある

以上の点からは、価格やメンテナンス性では細タイヤが優位ですが、性能や安全性では太タイヤのメリットが大きい、と考えられます。

利用目的と予算を考慮して選定したい部分です。あなたはどちらがどの太さのタイヤを選びますか?

電動自転車の太いタイヤを選ぶ際のポイントまとめ

この記事を通して電動自転車の太いタイヤのメリットが広範囲に及ぶことが分かりました。

  • 安定走行と高いグリップ力
  • 快適な乗り心地
  • 停車性能の向上
  • 最新機種での採用基準

など、性能面から実用面まで万全を尽くしている設計だといえるでしょう。
特に都市部での通勤利用を前提とする方にとっては、太タイヤこそ最適な選択肢だと言えます。

電動自転車で太いタイヤを検討しているなら「MOVE」

「MOVE」社製品

商品の詳細はこちら。( https://sp.move-ebike.co.jp/ )

MOVE.eBike – MOVE X

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-x

MOVE.eBike – MOVE XS

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-xs

MOVE株式会社について

MOVEは、日本のe-Bike専門のブランドです。
MOVE株式会社は、「MOVE FORWARD」をMISSIONとして、下記の3つを基本理念としてお客様へ新しいライフスタイルを提案するために運営しています。​

【基本理念】

・MOVE(感動):製品を通じて、感動の移動体験を。

・COOL(デザイン):すべてをスタイリッシュでシンプルに。

・CLOSE(誠実):プロダクトもお客様にも誠実なブランドへ。

MOVEのe-Bikeが日本中のみなさまに愛され、お客様に対してサポーティブで、E-Bikeライフがもっと充実し、感動的な移動体験を創ることができるよう努めてまいります。

日本発のE-bike専門店オウンドメディア|MOVE

問い合わせ先

会社名:MOVE株式会社
代表者:代表取締役 冨田 大揮
所在地:〒131-0033 東京都墨田区向島2-22-6ダイアパレス隅田公園103

商品の最新情報は公式サイト、公式Instagram、 公式LINEでも発信しています。