日本発のE-bike専門店

Close

おすすめ

電動自転車レンタル:法人様導入のススメ

  • 2024.03.28
電動自転車レンタル:法人様導入のススメ

今日のビジネスシーンにおいて、持続可能な移動手段の導入は企業のブランドイメージを高めるだけでなく、コスト削減や従業員の満足度向上にも直結します。

特に宿泊施設や自治体、レンタルサイクル事業を運営する経営者様にとって、電動自転車レンタルサービスは魅力的な選択肢となりえます。

本記事では、電動自転車レンタルのメリット、サービス選びのポイント、導入事例、コストの観点、そして最終的には導入に向けたステップを具体的に解説していきます。これを読めば、あなたの事業に電動自転車レンタルを導入するためのすべてが明確になります。

電動自転車レンタルの法人様にとってのメリット

電動自転車レンタルサービスを導入する最大のメリットは、利便性環境への配慮が両立する点にあります。特に、都心部で事業を展開している企業にとって、従業員や顧客に快適な移動手段を提供することは、サービスの付加価値を高める重要な要素です。

電動自転車は、従来の自転車に比べて運転が楽であり、自動車での渋滞や電車での遅延に影響されることもなく、汗をかくことなく目的地に到達できるため、例えば商談を控えた営業マンなどビジネスシーンにおける使用にも適しています。

その他、宿泊施設やレンタルサイクルを経営している事業者様にとっても多くのメリットがあります。

例えば、サイクリングが盛んな観光地で宿泊施設を運営している事業者様にとっては快適で宿泊施設近くの観光地にアクセスしやすい移動手段をお客様に提供することで、顧客の滞在体験が向上します。これにより、リピーターや口コミによる新たな顧客の獲得が期待できます。

レンタルサイクル事業者様にとっては従来の自転車や自動車をレンタルすることに比べて運用コストが低くできるうえ、メンテナンスも比較的容易なため重宝するでしょう。また、レンタルサービスを通じて新たな収益源を確保することができ、事業の収益性向上が期待できます。

電動自転車のレンタルサービス選びにおける選定ポイントは?

電動自転車レンタルサービスを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。まず、提供される自転車の種類や性能をチェックし、事業のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

例えば、長時間の利用を想定する場合にはバッテリーの持続力が長いモデルを、また、宿泊施設での利用を考えているなら、操作が簡単で安全性が高いモデルを選ぶと良いでしょう。

サービス提供者のサポート体制も重要な選択基準の一つです。

定期的なメンテナンスやトラブル時の迅速な対応が保証されているかどうかを確認しましょう。さらに、契約条件の柔軟性も検討するポイントです。事業の規模やニーズに応じて柔軟に契約内容を調整できるサービスを選択することで、無駄なコストを抑えることができます。

電動自転車のレンタル事例をご紹介【MOVEでの取り組み】

富山市での事例<Rモビリティ様>

当社、電動自転車ブランド「MOVE.eBike」を運営するMOVE株式会社と富山で地域開発の新しい波を起こすRモビリティは、富山市におけるレンタサイクル事業を通じて、アグリスポーツを活用した地域活性化を目指し協働推進しております。

Rモビリティは、2024年春より富山市内の主要ホテルとも連携し、レンタサイクルネットワークの展開を開始予定。観光客は徒歩ではアクセスしにくい地域の名所や自然の美しさを気軽に探索できるようになります。

このプロジェクトは、富山市の新しい顔を創出し、地域経済の活性化に貢献することを目指しています。サイクリングを通じて、地域の自然、文化、そして地域住民との深いつながりを体験することで、訪れる人々に忘れられない体験を提供します。MOVE.eBikeとRモビリティは、先進的かつ環境に優しい取り組みを通じて、富山市の魅力を世界に発信し、地域の未来に新たな光をもたらすことを期待しています。

沖縄県での事例<アット・ライン・サービス様>

有限会社アット・ライン・サービス(東京都北区)が、ホテル日航アリビラ(沖縄県 読谷村)と協業し、MOVE.eBikeのE-Bike「MOVE X」と「MOVE XS」のレンタルサービスを開始しました。沖縄県 読谷村をはじめとする複数のロケーションで、自社が取り扱っている「MOVE X」および「MOVE XS」の電動自転車レンタルを提供しています。

すでに、村内とその周辺には坂も多いことから「電動アシスト自転車が最適!」と利用者の間でも好評を頂いています。E-Bikeでのサイクリングは、自由で健康的な旅のスタイルを提供し、訪れるすべての方に特別な思い出を作る機会となります。

宿泊施設やレンタサイクル事業を営んでいる方だけが対象という訳ではありません。
官公庁や自動車ディーラーや中古車ディーラー、バイクショップ、自転車販売店から個人事業主まで、さらにはアパレル、スポーツ店舗、美容関連、雑貨店など、様々な販売パートナーにも対応しております。

新たな顧客体験の提供・収益源の確保など電動自転車に可能性や魅力を感じた方はお気軽にご相談ください。

電動自転車のレンタルコストと導入へのステップ

電動自転車レンタルサービスの導入を検討する際には、コスト面での検討も欠かせません。サービス提供者によって料金体系は異なりますが、一般的には初期導入費用として自転車の購入費用がかかる場合と、レンタル料のみで利用できる場合があります。

どちらの場合も、長期的なコスト削減につながる可能性がありますが、
事業の規模や予算、目的に応じて最適なプランを選択することが重要
です。

【法人様向け】電動自転車のレンタルサービス導入までの5ステップ

  • ステップ1: ニーズの明確化
  • 目的定義:電動自転車レンタルを導入する具体的な目的を明確にします。例えば、顧客サービスの向上、新たな収益源の確保、持続可能な環境対策の一環など、目的によって必要なサービスの種類が変わる可能性があります。
  • 規模決定:事業の規模や予想される需要を考慮して、必要な自転車の台数や種類を決定します。また、将来的な拡大可能性も視野に入れた計画を立てましょう。
  • ステップ2: 市場調査と見積もり
  • 市場調査:利用可能な電動自転車レンタルサービスの提供者を調査します。サービス内容、利用可能な自転車の種類、技術的なサポートの有無などを確認しましょう。
  • 見積もり取得:複数のサービス提供者から具体的なサービス内容と料金に関する見積もりを取得します。可能であれば、カスタマイズオプションや割引プランについても尋ねましょう。
  • 比較検討:得られた情報を基に、コストパフォーマンス、サービス内容、サポート体制、利用者の評判などを比較検討します。
  • ステップ3: サービス選定
  • 最適なサービスの選択:比較検討の結果を基に、事業のニーズに最も合致したサービス提供者を選択します。長期的なパートナーシップを視野に入れ、信頼できるサービス提供者を選ぶことが重要です。
  • ステップ4: 契約と導入準備
  • 契約:選択したサービス提供者と正式な契約を締結します。契約条件、サービス期間、解約条件など、細部にわたって確認し、双方の合意のもとで契約を行います。
  • 導入準備:契約後は、電動自転車の配備場所の設定、従業員への操作方法の教育、利用方法の案内作成など、サービス開始に向けた準備を進めます。また、利用者向けのプロモーション計画も同時に進めると良いでしょう。
  • ステップ5: サービス開始
  • スムーズな開始:事前準備を経て、計画通りにサービスを開始します。開始後は、利用者からのフィードバックを収集し、サービスの改善や問題が発生した際の対応策を迅速に行う体制を整えることが重要です。

電動自転車レンタルサービスの導入と運用には、計画的かつ段階的なアプローチが求められます。事業のニーズに合ったサービスの選定から始め、契約、導入準備、サービス開始、そして継続的なサービスの改善に至るまで、各ステップを慎重に実施することで、サービスの成功を実現し、事業の価値を高めることができます。

まとめ

電動自転車レンタルサービスの導入は、利便性と環境への配慮を両立させることができ、事業の付加価値を高めることが期待できます。

適切なサービス選びと、事業のニーズに合わせた導入計画により、コスト効率良く導入を進めることが可能です。導入事例を参考にしながら、自社の事業における具体的なメリットを想像し、計画を立ててみることが重要です。

電動自転車レンタルサービスの選定から導入まで、一貫したサポートを提供する業者も多く、導入にあたって不明点や心配事があれば、専門家に相談することも有効な手段です。また、導入後の運用面での工夫や、定期的なフィードバックの収集を通じて、サービスの質の向上や利用者の満足度の向上を図ることが、サービスを長期的に成功させる鍵となります。

結論として、電動自転車レンタルサービスの導入は、経営者の皆様にとって、事業の新たな価値を創造し、持続可能な社会づくりに貢献する意義深い選択となり得ます。

都心部でのアクセス向上や環境への配慮、コスト削減の観点からも、電動自転車レンタルは魅力的なオプションです。この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

【法人様限定】で電動自転車のレンタルをMOVEでは実施しています

MOVEは法人様向けの電動自転車導入をトータルでサポートし、予算の不安からスタイリッシュなデザイン、メンテナンスの心配、さらには初心者の疑問まで、あらゆるお悩みを解決します。

自転車に詳しくない初心者なので導入に不安があります。ご相談には定期的にのっていただけるのでしょうか?

MOVEでは導入後も、公式LINE、メールでの気軽な相談に応じています。日本コンシェルジュによるスムーズなお問い合わせ対応ができますのでノンストレスで問題が解決されると思います。それでもなお導入に不安がございましたら、都内全域+首都圏内(応相談)での試乗を実施しております。導入前にMOVEの特性を体感いただいた上での導入でも構いませんのでご相談ください。

予算があうか不安なのですが、補助金などの利用も可能でしょうか?

MOVEでは特別価格設定や新規事業のための補助金申請サポート、1台からの柔軟な導入プランを提供しておりますのでご安心ください。またデモ機の割引や複数台購入プランもご用意しております。

導入した後の修理やメンテナンスが不安です。アフターサービスなどもございますか?

MOVEでは導入後も、全国40店舗以上の提携店舗でのサポートや徹底した品質チェック、盗難防止策など、安心して導入いただける取り組みがあり、法人様の電動自転車導入を全面的にバックアップできます。

サービスの詳細はこちらよりご確認ください。

https://move-ebike.co.jp/pages/corporate

MOVE.eBike – MOVE X

マットブラックの洗練されたデザインがおしゃれで都会の風景にも自然の背景にも映える、
それがMOVE Xの特徴です。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-x

MOVE.eBike – MOVE XS

MOVE X のおしゃれさと機能を受け継ぎつつ、さらに軽やかな乗り心地をもたらしてくれるコンパクトなモデルです。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-xs

MOVE.eBike – MOVE S

MOVE Sは、スリムなタイヤを採用し、身軽な設計。低身長の女性にぴったりなモデルです。

URL: https://move-ebike.co.jp/products/move-s

日本発のE-bike専門店オウンドメディア|MOVE

問い合わせ先

会社名:MOVE株式会社
代表者:代表取締役 冨田 大揮
所在地:〒131-0033 東京都墨田区向島2-22-6ダイアパレス隅田公園103

商品の最新情報は公式サイト、公式Instagram、 公式LINEでも発信しています。